ザ・ガーデンズ勾当台通タワーレジデンス

ご来場者様専用ページ
  • トップ
  • コンセプト
  • 全体計画
  • ロケーション
  • プランNEW
  • クオリティ
  • 設備仕様
  • モデルルームNEW
  • 眺望
  • 事業主紹介
  • 構造
  • サービス
  • セキュリティ
  • 品質管理
  • アフターサービス

安心と快適のための確かな建物構造

中間層免震構造

大林組 「中間層免震構造」を採用 | 地震による激しい揺れが建物に伝わりにくいように工夫された「免震構造」。「ザ・ガーデンズ勾当台通タワーレジデンス」では、建物の1階と2階の間に免震層を設けた「中間層免震構造」を採用。積層ゴムとダンパーを用いた免震装置が地震のエネルギーを吸収し、激しい揺れを低減します。

免震装置 | 積層ゴムアイソレーター | オイルダンパー
免震構造のメリット
建物が受ける損傷を軽減
配管や配線などライフラインへの影響を軽減
家具が転倒・破損しにくい
中間層免震構造のメリット
建物外周部にクリアランス(すき間)不要※1
中間層に免震装置を設けることで、1階建物外周部のクリアランスが不要になり、メインエントランスやザ・ガーデンなど美しく豊かなランドスケープデザインの実現が可能となってまいます。※屋外階段除く ※1:メンテナンスや大規模修繕が不要ということではありません
底上げ効果
1階と2階住戸の間に設ける中間層の分だけ、2階の床位置が高くなり、2階の住戸は3階相当の高さになります。※建物形状によっては、この限りではありません。
大林組 創業120年を越える実績と先進の技術を持つ大林組が施工。
  • 三井不動産レジデンシャル
  • 三菱地所レジデンス
  • 錢高組
  • 三井不動産リアルティ東北
  • 大林組

Copyright © THE GARDENS KOTODAI-DORI TOWER RESIDENCE. All rights reserved.

予告広告 $SALESPLANTEXT$ 
※本広告を行い取引を開始するまで、契約・予約受付・申込順位確保は一切できませんので予めご了承ください。

これまでに見た物件

最近見た物件(最大10件)を表示しています。

PAGE TOP